しっかりと保湿をしてあげる

敏感肌の人でも使える、おすすめの化粧下地 > スキンケア > しっかりと保湿をしてあげる

しっかりと保湿をしてあげる

敏感肌の人にとって「保湿をする」ということは、とても重要なことです。お肌に水分が十分になくカサカサとした状態を乾燥肌といいますが、お肌が乾燥をしているということは、刺激に弱い状態になっています。

刺激に弱い状態だと肌荒れも起こりやすく、炎症などにも繋がってしまいます。すると敏感肌になってしまうんです。

ということは、敏感肌を予防・ケアするためにも、保湿をしっかりとしてお肌が乾燥をしないようにするということは重要なんですよ。

正しい保湿方法を身に付けよう

保湿をしてあげる さて、お肌の保湿を敏感肌にとってとても大切だということをお話しましたが、ただ闇雲に化粧水を使って水分を与えてあげればよい・・・と言うことではありません。

敏感肌や乾燥肌の人の中には経験があると言う人もいらっしゃるでしょうが、保湿をしたのにすぐお肌が乾燥する、という悩みを抱えている人もいます。これは正しい保湿が出来ていないからです。

ついついお肌の表面の保湿に力を入れがちですが、大切なのはお肌の奥深くの「角質層」です。この角質層まで届くようにケアをしなければ、乾燥を防ぐことが出来ません。

洗顔後に保湿をするのが一般的ですが、このとき、化粧水でお肌へ水分補給をしたら、その水分が蒸発をしてしまわないようにしっかりと保湿をしてください。そのために乳液やクリーム、美容液を使うことです。

このとき、コットンを使うとお肌に刺激を与えてしまうこともあります。必要な量を手にとり、上から押さえつけるようにしてお肌に付けてあげるといいですよ。

敏感肌で自分に合った美容液がない人はディセンシアを試してみて下さい。
http://www.decencia.co.jp/c/c40/


関連記事

  1. しっかりと保湿をしてあげる
  2. 保存料や防腐剤が入っていないものを選びましょう
  3. セラミドを補って敏感肌を改善しよう